riaf-ja blog

to make the life a little more happy

プライベートなリポジトリに mercurial を使ってみようと思って,

aptitude search mercurial

としたら,mercurial-server なんてのがあったので入れてみた。

sudo aptitude install mercurial-server

git でいう gitosis みたいなものかな?と思う。

インストールしたら,

/etc/mercurial-server/keys

の下に鍵を置いておく。俺の場合は

/etc/mercurial-server/keys/root/riaf.pub

なんていうファイルを置いてみた。

んで,hg ユーザーが作成されているので,hg ユーザーで

/usr/share/mercurial-server/refresh-auth

コマンドを実行。なんか何もメッセージでなかった記憶。

ほいで,ローカルで hg init したリポジトリを導入したサーバーに向けて clone

hg clone . ssh://hg@example.com/repo_name

あっさりと動いた。あとは普通に hgrc とかに default 指定したりして使ってみている。

今のところなんの問題も無い感じ。めでたしめでたし。