riaf-ja blog

to make the life a little more happy

発案からわずか 2週間。こんなに慌しくイベント開催の準備をしたことはあっただろうか…。

事の発端は 8/5の sotarok の Tweet から。

婚姻届提出なう

Twitter / Sotaro KARASAWA: 婚姻届提出なう

イマドキ,結婚の報告は Twitter で行われるようで,みるみるうちに 100件以上の「おめでとう」という Reply / ReTweet の嵐。

しまいには全くの他人からまで祝われていた sotarok。

sotarok の人脈に感心すると同時に,Twitter の凄さを目の当たりにした気分でした。

というわけで,そんなすごい Twitter を PHP から操作する方法について,いろいろなブログ記事はありますが,今月いっぱいで Basic 認証が使えなくなることもあり,今一度改めてまとめてみようと思った次第です。

今回はとりあえず,コマンドラインから任意のメッセージを送信する方法についてのみ解説しますが,そこさえわかればあとは API ドキュメントとかでなんとかなります。ええ,なりますとも。

実際に動作させた環境は以下のとおりですが,5.2 とかでも動くと思います。

  • Server: Linode 512 (Debian 5.0 64bit)
  • PHP 5.3.3 (with PEAR)

さて,まずは PEAR パッケージをインストールします。

pear install -af Services_Twitter

オプションの「af」は,alldeps と force です。つまり「依存関係を解決しつつ,何があってもとりあえず強制的にインストールする」といった感じですね。Services_Twitter が依存しているパッケージが beta だったり alpha だったりするので,何も考えずに force しちゃいました。

おっと,忘れていましたが,もちろん Twitter への OAuth の登録も必須です。それくらいは,できますよね?

お次は,プログラムを書きますよ。と行っても,何ら特別なことはしません。

http://gist.github.com/585649

これだけ。

世の中には便利なパッケージがたくさんありますね。めでたしめでたし。